クラウドでソリューションを提供するねこじゃらし、モルフォと映像編集クラウドで業務提携

~クラウドストレージ事業ノウハウと映像処理技術を融合、クラウドを映像編集のソリューションに~

株式会社ねこじゃらし(本社:東京都港区、代表取締役社長:川村ミサキ、以下ねこじゃらし社)は、株式会社モルフォ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀督基、以下モルフォ社、)と、映像制作、広告、放送、OTT事業者向けのクラウドサービス分野において業務提携することに合意した。

ねこじゃらし社は「クラウドで人々をもっとクリエイティブに」をミッションに、映像・音楽・出版・印刷・広告制作などのクリエイティブ業界に特化したクラウドストレージサービス「JECTOR」を展開し、時間や場所にとらわれず専用ソフトなしで動画・画像・音声・3D・PDFなど様々なデータプレビューを可能にするサービスを提供している。

 現在ねこじゃらし社から提供されている「JECTOR」は5個目のプロダクトとなるが、もともと代表の川村氏はクリエイター出身であり、自身も音楽活動をされていたそうだ。
そこから映像編集を通り、macユーザー向けのファイル共有サービスを始め、その中で感じたデータ周り、特に動画の受け渡しの仕方の違和感からこのサービスを始めるに至ったそうだ。

**“人とファイルを共有するのにとても時間がかかること、共有したところからダウンロードしないと確認も編集もできず、編集したら再度アップロードせねばならない。やりとりに時間がかかり肝心の作業時間が短くなってしまうことに違和感があった。(川村氏)”**

クラウドで作業できれば今までアップロードし報告、ダウンロードし確認、修正、再アップロードして確認、などの流れが、アップロード後は全てクラウド上で共同作業できるようになる。現時点での「JECTOR」は、確認作業のためにデータをダウンロードせずにクラウド上で全てプレビューできるソフトである。動画もほとんどのコーデックに対応済み。
これにより、イラストレーターやフォトショップ、プレミアなどを確認者がアカウントを保有する必要もないし、ダウンロードする必要もなく指示出しでき、修正も可能となる。

 今回業務提携先となるモルフォ社は、画像・映像処理技術やディープラーニング技術において国内外で高い評価を受けており、その技術はスマートフォンや放送局、車載機器やFactoryAutomation、医療分野などで多くの採用実績を持つ。
川村氏は数年前からモルフォ社を世界有数の映像処理技術の会社と認識しており、ずっと一緒にやってみたいと考えていたようで、1年前に展示会で声をかけたことから発展。
この度の業務提携により、モルフォ社の持つ映像処理技術をクラウド化することで、ねこじゃらし社はクラウドでリアルタイムに映像を処理する革新的なサービスの提供を開始する。

**“まずは放送局、ポストプロダクションに使っていただきたいが、リモートワークの方も増えてきているので、クラウドで映像を処理するのを当たり前にしたい。(川村氏)”**

現在テレストリームが海外サービスでは競合になるが、そこからの差別化方針についても聞いてみた。

**“来年はリリース映像の変換技術だけでなくディープラーニングで映像の意味を解析する技術をモルフォ社は持ってらっしゃるので、顔認識、物体認識から、一般物体認識、例えば動画を学習してその男性が泣いているのか笑っているのか判別するなどできれば映像の内容まで含め映像を管理することができる。(川村氏)”**

もともとデータ管理が目的であったものが、コーデック未対応によりクラウド=ただの倉庫と化した一般イメージ。
倉庫から取り出さずに中身を確認、その内容まで編集できれば、多くの作業効率は格段に上昇する。
「クラウドはソリューションだ」という言葉に変革の端緒を期待したい。

今後も両社の強みを活かし、映像処理や画像認識にAIやディープラーニング技術を取り入れたサービスも共同開発するなどして事業を推進し、国内だけでなくグローバル市場へ展開を目指す。

株式会社ねこじゃらし


所在地 : 東京都港区赤坂2-21-25 マニュライフプレイス赤坂
代表者 : 代表取締役社長 川村ミサキ
設立 : 2006年3月3日
事業概要 : プロクリエイターや映像・放送業界向けクラウドストレージサービス「JECTOR」、法人向けクラウドバックアップ・データ管理サービス「BackStore」

株式会社モルフォ


所在地 : 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館12階
代表者 : 代表取締役社長 平賀督基【博士(理学)】
設立 : 2004年5月26日
事業概要 : 画像処理技術の研究開発および製品開発ならびにライセンシング