ガイアックス、1日からお店が開けるスペースシェアを展開する軒先株式会社へ出資

ソーシャルメディアの構築・運用およびシェアリングエコノミー事業を行う株式会社ガイアックスグループは、空きスペースを商用貸出できるスペースシェアサービス「軒先ビジネス」や駐車場シェアサービス「軒先パーキング」を運営する軒先株式会社)へ出資を実施した、と発表した。

ソーシャルメディアの構築・運用およびシェアリングエコノミー事業を行う株式会社ガイアックスグループは、6月6日、空きスペースを商用貸出できるスペースシェアサービス「軒先ビジネス」や駐車場シェアサービス「軒先パーキング」を運営する軒先株式会社)へ出資を実施した、と発表した。

「軒先ビジネス」は、誰でも簡単に1日からお店やイベントを開けるスペースを探せる、空きスペースのマッチングサービス。今まで飲食店や雑貨屋などの個人事業主になるためには、場所代や設備投資などの初期費用が高く、起業環境が厳しいと言われてきたが、「軒先から始めよう、最初の一歩」をミッションに掲げ、1日単位でお店を開くことができ、敷金、礼金などの初期費用を抑えることで、これまでの起業環境の改善を図ることを目指している。

DESCRIPTION

「軒先パーキング」は、駐車場を所有しているオーナーと、外出先で駐車場を利用したいユーザーをマッチングする、駐車場予約サービス。オーナーは、駐車場の空き時間を登録するだけで、所有する駐車場を空き時間のみ予約可能なコインパーキングとして貸し出せる。駐車場を利用したいユーザーは、出かける前に駐車場を予約することができ、外出先の駐車場探しに困ることもなくなる。駐車場の料金は通常のコインパーキングよりも安上がりで、オーナーも使わない時間帯の駐車場を有効活用できる。

DESCRIPTION

今回の資金調達によって、軒先は、JAFや日本駐車場開発株式会社といった法人と更に業務・資本提携を強化するとともに、Webサイトのリニューアルやアプリ開発に取り組みたい考えだ。