ガイアックス、友達ガイドマッチングサービス「TOMODACHI GUIDE」を運営する株式会社Huber.へ出資

株式会社ガイアックスの連結子会社である株式会社GXインキュベートが運営するシェアリングエコノミー1号投資事業有限責任組合は、友達ガイドマッチングサービス「TOMODACHI GUIDE」を運営する株式会社Huber.へ出資を実施した、と発表した。また、Huber.は、今回、株式会社カヤックと千葉功太郎氏をはじめとした複数名のエンジェル投資家からも出資を受けている。

株式会社ガイアックスの連結子会社である株式会社GXインキュベートが運営するシェアリングエコノミー1号投資事業有限責任組合は、7月12日、友達ガイドマッチングサービス「TOMODACHI GUIDE」を運営する株式会社Huber.へ出資を実施した、と発表した。

Huber.は、訪日外国人向け観光ガイドサービス『TOMODACHI GUIDE』を運営。『TOMODACHI GUIDE』は、「友だちをつくることから旅を始める」をコンセプトに、通訳および現地案内人のペアと、訪日外国人をマッチングする、体験共有型のシェアリングエコノミーサービス。旅行者の旅に寄り添い、旅の相談に乗りながら旅程のすべてを自由に作り上げることができることから、画一的なツアーでは生み出すことのできない、本物の感動と地域の魅力に溢れた体験の提供できるのが魅力の一つだ。

また、Huber.は、今回、株式会社カヤックと千葉功太郎氏をはじめとした複数名のエンジェル投資家からも出資を受けている。

今回の資金調達によって、Huber.は、政府の「日本再興戦略2016」に掲げられたシェアリングエコノミーの推進と、昨今の訪日外国人の増加といった外部環境の変化をいちはやく捉え、地域や街に根差したその土地ならではの体験を創出し、さらに、引き続き増加の見込まれる訪日外国人と地域の観光資源との結び付けをより強化させながら、一層スピーディーなサービス提供地域の拡大を目指していきたい考えだ。