カンム、自社カード『Vandle』をVisaプリペイドカードとして発行予定

株式会社カンムは、Visaのプリペイドカードを2016年夏を目処に発行することを発表した。今回、カンムでは、初期フェーズで、自社発行のカード『Vandle』を提供する予定。メインターゲットは、現在クレジットカードを持てない高校生、クレジットカードに抵抗のある大学生を想定している。

株式会社カンムは、7月11日、Visaのプリペイドカードを2016年夏を目処に発行することを発表した。

カンムは、2013年から大手クレジットカード会社と提携し、「Card Linked Offer(以下CLO)」を運営。CLOは、クレジットカードデータを使ったターゲティングと、導入設備が一切不要なことが特徴のカード決済インフラを活用した店舗への送客手法。現在、約200社の加盟店が利用する。

Visaのプリペイドカードとは、インターネット決済や店舗でVisaのクレジットカードと同様に利用できる、先に金額をチャージして使うタイプのカード。カンムでは、このVisaプリペイドカードの仕組みを使って「シンプルでわかりやすいカードを作る」をテーマに、カードを設計した。

今回、カンムでは、初期フェーズで、自社発行のカード『Vandle』を提供する予定。メインターゲットは、現在クレジットカードを持てない高校生、クレジットカードに抵抗のある大学生を想定している。

また、カンムは、既に複数の大手企業との提携も進めており、『Vandle』のプロモーションだけでなく、提携先のロゴ等を記載した提携カードの発行も予定。あらゆる事業者に中立的な立場で様々な企業と提携して会員の裾野を広げ、コンテンツを充実させていきたい考えだ。その一例として、ポイントの仕組みをユーザーに提供しているWebサービスと提携して、そのポイントをリアル店舗でも使えるようにする、という提携カードの発行も計画中。

今回の発表によって、今後、カンムでは、決済データ解析の強みを活かして、自社で与信モデルの開発を行うことで、新しい与信モデルを構築し、既存の与信方法ではカードを作れなかった層にも、クレジット機能を提供し、カード全体のマーケットを大きくしていきたい考えだ。

なお、カンムによれば、2016年6月21日付で、資金決済法の第三者型前払式支払手段の許認可を取得(関東財務局長第00690号)し、日本の法律上、発行主体としてカードを発行することが可能となり、さらに大手クレジットカード会社様の協力により、Visaプリペイドカードの発行もできるようになったという。

『Vandle』