カナダの産業分野向けIoTスタートアップBit Stew Systems、シリーズCで資金調達

カナダのブリティッシュコロンビア州バーナビーを拠点に、産業分野向けのIoT(IIoT: Industrial Internet of Things)スタートアップBit Stew Systemsは、シリーズCで資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は公開されていない。

DESCRIPTION

カナダのブリティッシュコロンビア州バーナビーを拠点に、産業分野向けのIoT(IIoT: Industrial Internet of Things)スタートアップBit Stew Systems](http://www.bitstew.com/){: target=”_blank”}は、[5月19日、シリーズCで資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は公開されていない。

今回のラウンドには、Yaletown Partners、GE Ventures、BDC Capital、Kensington Capital Partnersが参加した。

Bit Stew Systemsは、2005年、Alex Clark氏とKevin Collins氏によって設立された会社。カナダに本拠地を持ち、米国、オーストラリア、欧州に拠点を持つ。

Bit Stew Systemsの革新的なマッシュアッププラットフォームでは、高度に可視化されたダッシュボードを使って、複数のデータソースを統合して分析できる。そのため、膨大なデータ量も同時に複数管理できる点が魅力だ。Bit Stew Systemsでは、この技術を産業分野向けのIoTで利用するために、「MIx Core」技術として進化させている。

また、Bit Stew Systemsはこれまでに2,600万ドル(約28億円)以上の資金調達を実施している。Bit Stew Systemsの投資家には、今回参加した投資家の他に、Cisco InvestmentsやSilicon Valley Bankなどがいる。

今回の資金調達によって、Bit Stew Systemsは、グローバルマーケットでさらなる事業開発を強化していきたい考えだ。