オーストラリアのP2P貿易信用プラットフォームMarketlend、約1億円を資金調達

オーストラリア・シドニーのP2P貿易信用プラットフォームMarketlendは、Jon Barlow氏、元KKRのヨーロッパ投資部門でリーダーをつとめたMati Szeszkowski氏とさらに二人のオーストラリアの投資家から総額100万ドル(約1億円)の資金調達を実施した、と発表した。

オーストラリア・シドニーのP2P貿易信用プラットフォームMarketlend](https://www.marketlend.com.au/){: target=”_blank”}は、[6月15日、Jon Barlow氏、元KKRのヨーロッパ投資部門でリーダーをつとめたMati Szeszkowski氏とさらに二人のオーストラリアの投資家から総額100万ドル(約1億円)の資金調達を実施した、と発表した。

Marketlendは、2014年、Leo Tyndall氏によって設立された会社。主に中型株・大型株のオーストラリア企業から短期債務で、サプライチャーンや債務者の貸付施設に投資する機会を提供する。グローバルな保険企業と連携することで借り手の債務超過や元本返済などを保証している。

なお、今回の資金調達について、Marketlendは、外部からのエクイティファイナンスでの資金調達では初めてで、Barlow氏とSzeszkowski氏はデッドファイナンスでもコミットしているという。