オークファン、インドネシア唯⼀のO2Oプレイヤー「Pricebook」と資本業務提携

国内最⼤級のショッピング・オークション⼀括検索・⽐較サイト「オークファン」を運営する株式会社オークファンは、本日、インドネシア唯⼀のO2Oプレイヤーである株式会社Pricebookとの間で資本業務提携契約を締結したことを発表。金額は非公開。

国内最⼤級のショッピング・オークション⼀括検索・⽐較サイト「オークファン」を運営する株式会社オークファンは、本日(9月28日)、インドネシア唯⼀のO2Oプレイヤーである株式会社Pricebookとの間で資本業務提携契約を締結したことを発表。金額は非公開。

オークファンは、国内最⼤級のショッピング・オークションの相場検索サイト「aucfan.com」を運営。過去10年間にわたり、300億件を超える実売買データの収集・保有・分析・提供を⾏う。

また、世界のECサイトの⼀括検索サービス 「グローバルオークファン」 など、全世界での購買データを対象にしたサービス展開も積極的に⾏ってきた。

⼀⽅、Pricebookは、インドネシアにおいて、リアル店舗の店頭価格と、オンライン上での販売価格を同時に収集・提供し、インドネシア唯⼀のO2Oプレイヤーとして⼩売店・量販店を束ね、急成⻑を続ける会社。

今回の資本業務提携では、オークファンが過去10年間のサービス提供により培ってきた価格データの収集・分析基盤やノウハウなどをPricebook に提供し、業務⾯・資⾦⾯でPricebookの成⻑を加速させるとともに、インドネシアにおけるオンライン・オフラインの価格データをグループに取り込み、オークファンのサービス拡充も図ることを目的とする。

これによって、Pricebookは、成長加速に必要な経営資源の確保する考えだ。