オンラインプログラミング学習サービス「Progate」がフリークアウトグループ、DeNAなどから総額1億円を資金調達

オンラインプログラミング学習サービス「Progate」を開発運営する株式会社Progateは、フリークアウトグループ、DeNA、エンジェル投資家を引受先とし、総額1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

オンラインプログラミング学習サービス「Progate」を開発・運営する株式会社Progateは、フリークアウトグループ、DeNA、エンジェル投資家を引受先とし、総額1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

Progateは、オンラインプログラミング学習サービス。現在、ユーザー数は12万人以上、導入高等学校数は約10で授業教材として活用されている。また、最近では、企業でのエンジニア研修への導入も増加している。

今回の資金調達によって、Progateは、サービス改善と学校、企業への導入を進め、国内におけるプログラミング教育のインフラとなるサービスを目指すとともに、オンラインプログラミング学習サービス「Progate」の海外展開を進めていきたい考えだ。

なお、具体的には、プログラミングを学びたい人に最高のプログラミング教材を届ける「Progate」、中高生に夢を届ける「Progate for School」、社会人に新たな可能性を届ける「Progate for Business」の提供を推進するとともに、2017年中に国際版のリリースする予定。