オフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」のKOMPEITO、JA全農と資本提携

働く人と企業の健康を促すオフィス向け野菜提供サービス 「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」 を展開する株式会社KOMPEITOは、全国農業協同組合連合会(JA全農)を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施し、さらに、今後商品力強化のための事業連携も積極的に行うことを発表した。

KOMPEITO5

働く人と企業の健康を促すオフィス向け野菜提供サービス 「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」 を展開する株式会社KOMPEITOは、6月2日、全国農業協同組合連合会(JA全農)を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施し、さらに、今後商品力強化のための事業連携も積極的に行うことを発表した。

KOMPEITO4

OFFICE DE YASAI」は、オフィス内で食べられるひとくちサイズの野菜や果物を中心に、新鮮でおいしい『ヘルシーフード』を毎週企業にお届けし、オフィスワーカーや企業の健康を支援するサービス。「朝ご飯代わりに」「ランチに一品追加」「休憩時間のお菓子代わりに」など、働く合間の様々なシーンで気軽においしく楽しく食べていただけるよう、まるごと食べられる生野菜やフルーツ、レンジで温める温野菜、野菜・果物ベースの飲料やスイーツ、スナック、惣菜等の農産物加工品まで、全国各地から選りすぐりのラインナップを提供。5月からはボリュームたっぷりなのにヘルシーな「サラダごはん」のテスト販売も開始している。

KOMPEITO3

顧客オフィス内に小型冷蔵庫を設置し、週1〜2回の頻度で3〜4種の商品を届ける。従業員には1パック100円程度でいつでも購入できるという仕組み(導入費3万円、月々の利用料3万円〜、人数や商品個数で変動)。2014年4月のローンチ以降、従業員の健康や働きやすい環境づくりへの関心が高い東京都内のオフィスを中心に、300社以上の企業に利用されている。

KOMPEITO2

また「OFFICE DE YASAI」は、消費者と生産者を繋ぎ、生産者に収益増加・安定化をもたらす、これまでにない農産物の新たな流通方法として多方面から注目を浴びている。

さらに、「OFFICE DE YASAI」は、日本全国各地に広がる膨大な生産者ネットワークを持つJA全農との提携によって、「OFFICE DE YASAI」の核である商品のラインナップが益々バリエーション豊かにしながら、質・量ともに供給が安定化、効率化を図っている。

KOMPEITO1

「OFFICE DE YASAI」では、まだまだ優れた素晴らしい商品がたくさん埋もれている地方でこれまで独自の力で発掘を行ってきたが、今後はJA全農との連携によってよりスピーディに効率的に行えるようになる。

KOMPEITO

今後、KOMPEITOでは、「OFFICE DE YASAI」において4月に発表した顧客企業への配送、さらに商品調達・供給と、サービスエリア拡大の基盤が整えながら、東京都心以外のエリアへの顧客開拓に本格着手してスピーディに推進していきたい考えだ。

なお、KOMPEITOは、東京23区から「OFFICE DE YASAI」をスタートし、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県、そして、大阪、名古屋等の地方大都市へと展開し、2016年中に600社の顧客獲得を目指す。