オハコと順天堂大賀共同開発、ResearchKitを活用したiOSアプリ「ドライアイリズム」をきょう11月2日より配信開始

UX/UIデザインカンパニーの株式会社オハコは、順天堂大学医学部眼科学講座の研究(研究代表者:順天堂大学医学部眼科学講座助教 猪俣武範氏)促進を目的としたiPhone用アプリケーション、「ドライアイリズム」のUX設計・UIデザイン及び実装に協力し、11月2日よりApp Storeで配信を開始。

UX/UIデザインカンパニーの株式会社オハコは、順天堂大学医学部眼科学講座の研究(研究代表者:順天堂大学医学部眼科学講座助教 猪俣武範氏)促進を目的としたiOSアプリ「ドライアイリズム」のUX設計・UIデザイン及び実装に協力し、11月2日よりApp Storeで配信を開始。

「ドライアイリズム」は、Appleが公開した医療研究のためのアプリケーションフレームワーク「ResearchKit」を使用し、世界初のドライアイや眼精疲労といった症状と生活習慣の関連性を明らかにするためのアプリ。

ドライアイは、日本に2,200万人、世界に10億人いると推測されている最も多く一般的な眼科疾患。多くの人が未だに診断に至っておらず、眼精疲労、眼痛、頭痛、自覚視力の低下、肩こりなど、QOL(生活の質)を下げる原因となっている。

そのため「ドライアイリズム」では、ドライアイの潜在的な症状を、①カメラを使用したまばたき測定などを通して数値化しユーザーへの自覚を促したり、②匿名化されたビッグデータをドライアイ研究に役立てることを目的とする。