エンジニア向けサービス「SideCI」、ベンチャーユナイテッドとYJキャピタルから資金調達

ソフトウェアエンジニア向けの自動コードレビューサービス「SideCI」を運営する株式会社アクトキャットは、事業の拡大を目的とし、ベンチャーユナイテッド株式会社、YJキャピタル株式会社が運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施した、と発表した。

SideCI
ソフトウェアエンジニア向けの自動コードレビューサービス「SideCI」を運営する株式会社アクトキャットは、3月29日、事業の拡大を目的とし、ベンチャーユナイテッド株式会社、YJキャピタル株式会社が運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施した、と発表した。

「SideCI」は、GitHub上でのコードレビューを自動化するコードレビュー支援サービス。エンジニアに代わってソースコードを解析することで、コードのレビューにかかる時間を削減しながら、ソフトウェアの品質を向上できる。

SideCI1

同サービスでは、GitHubとの連携により、Ruby、PHP、JavaScript、Python、Goなど複数のプログラミング言語に対して、既存のソフトウェアエンジニアの開発フローを変えることなく、30秒程度の初期設定を行うだけでコードレビューの自動化を提供する。なお、一部言語では、間違いの指摘を自動で行うなど、レビューを行う人の負担を減らす高度な機能を追加している。

SideCI2

今回の資金調達によって、同社は、エンジニア採用を進めることで開発チーム体制を強化し、「SideCI」のサービス向上を目指す考えだ。