エンゲージメント経営のためのクラウド福利厚生プラットフォーム「TUNAG」運営のスタメン、ジャフコ・中京テレビ・DGインキュベーションなどから総額約2.8億円を資金調達

スタメンは、ジャフコの運用する投資事業組合、同社代表取締役加藤厚史氏の新卒時の就職先である中京テレビ放送、DGインキュベーション、および複数のエンジェル投資家を引受先とする総額約2.8億円の第三者割当増資を実施した。


エンゲージメント経営のためのクラウド福利厚生プラットフォーム「TUNAG」を運営するスタメンは、ジャフコの運用する投資事業組合、同社代表取締役加藤厚史氏の新卒時の就職先である中京テレビ放送、DGインキュベーション、および複数のエンジェル投資家を引受先とする総額約2.8億円の第三者割当増資を実施したことを発表

「TUNAG」は、導入企業様の経営課題に合わせた福利厚生の導入や運用を支援するプラットフォームサービス。従来は導入してそのままになりがちだった福利厚生をWEB上で一元管理することで、”ただ制度があるだけで使われていない”状況から脱し、真に従業員との間にエンゲージメントを醸成することを目的とする。

また、福利厚生の使いにくい、分かりにくいという側面をあえて逆手に取り、利用状況を可視化し、共有する”タイムライン”を設けることで、利用の活性化をすると同時に、社内説明の手間を省き、社内コミュニケーションのきっかけを作り出すサービスにもなっている。なお、具体的に運用する福利厚生のメニューは、導入企業において既存で運用されているものを援用するケースもあれば、同業種や似た課題を持つ他社の最新事例などを参考に、TUNAG側で全面的にメニュー設計から導入支援をするケースもあるとのこと。

今回の資金調達によって、「TUNAG」導入企業の更なる拡大と、サービスの向上を図っていきたい考えだ。