エボラブルアジア、医療補助ツールを目指した初のホームロボット「シナモン」を開発するドーナツ・ロボティクスへ資本参加

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジアは、小型ロボットの開発・製造・販売をおこなうドーナツ・ロボティクス株式会社の第三者割当増資を引き受け、資本参加したと発表した。

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジアは、小型ロボットの開発・製造・販売をおこなうドーナツ・ロボティクス株式会社の第三者割当増資を引き受け、資本参加したと発表した。

これにより、エボラブルアジア社とドーナツ・ロボティクス社の両社は、①ロボットソフトウェア(家電コントロールや服薬管理などの機能)についてエボラブルアジア社が有するベトナムでのオフショア開発リソースの活用により、ドーナツ・ロボティクス社への事業拡大の支援、②民泊をはじめとする訪日旅行事業との連携(宿泊施設内に設置等)、③家庭用ロボット内にオリジナルAIを組み込み、エボラブルアジア社旅行サイトへの誘導、を進めるという。

ドーナツ・ロボティクス社は、「いくつかの社会問題を解決する」「新たなプラットフォームを創出する」をテーマに、小型ロボットを開発するベンチャー企業。ロボット及びこれらに関連する機器の設計、製造、販売、修理や、主に家庭用ロボットに関する開発・製造・販売を行う。

同社では、医療補助ツールを目指した初のホームロボットである「シナモン」を開発し、販売を予定している。シナモンは、高齢者や幼児、ペットの見守り、血圧や血糖値データを転送・管理するなどの遠隔診療、防犯カメラ機能などの機能を備える、ヘルスケア&見守りホームロボット。