ウェディングマーケットプレイス「ShaadiSaga」がプレシリーズAで資金調達…29社が総額14億円以上を調達する、インドのウェディング業界に挑む

今、インドのウェディングスタートアップがアツい。インドのウェディングスタートアップは、これまで29社が投資実行されており、全部で9億ルピー(約14億円)を資金調達している。その中、インドでウェディングマーケットプレイスを提供する「ShaadiSaga」は、プレシリーズAで資金調達を実施した、と発表した。

今、インドのウェディングスタートアップがアツい。

インド・デリーでウェディングのマーケットプレイスを提供する「ShaadiSaga](http://www.shaadisaga.com/){: target=”_blank”}」は、[8月24日、プレシリーズAで資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、ah! Venturesがリードで、People GroupのAnupam Mittal氏、Freecharge.comのKunal Shah氏、Freecharge.comのSandeep Tandon氏、Redcliffe CapitalのDheeraj Jain氏、White Unicorn VenturesのRohit Chokhani氏など複数のエンジェル投資家が参加した。

ShaadiSagaは、2014年、インド工科大学(IIT)の卒業生であるHimanshu Kapsime氏とManish Garg氏の二人によって設立された会社。2015年には、シードでOutBox Venturesから資金調達を実施している。現在、従業員数は25人。

ShaadiSagaでは、結婚式の情報共有から、計画、お祝いまで、ウェディングに関わるすべてのことを一つのプラットフォームで行えるワンストップウェディングソリューションを提供する。

これは、様々なプロバイダーと提携を進めているからこそ実現できた。実際、ShaadiSagaでは、約6,000のサービスプロバイダー、2,500以上のベンダーからウェディングサービスを提案する。

ShaadiSagaがターゲットとするのは、結婚式の予算が100万ルピー(約150万円)から1,500万ルピー(約2,300万円)のカップル。彼らは、ShaadiSagaを使えば、結婚式の予算を20〜30%削減、さらに結婚式のプランもShaadiSagaが専門家と2か月で考えて、満足度の高い結婚式を挙げられる。

今回の資金調達によって、ShaadiSagaは、パートナー企業を増やしていくとともに、コンバージョン率の高いサービスにするために事業開発を強化していきたい考えだ。

なお、インドのウェディングスタートアップは、これまで29社が投資実行されており、全部で9億ルピー(約14億円)を資金調達している。直近では、Joolz、DriversKart、iTraveller.com、Shirsa Labsなどが投資されている。