インベスターズクラウド、東大発ベンチャーと「TATERU Bot AI」を共同開発へ…リアルエステートテックにAIの活用開始でロボアドバイザーが解決

アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドは、人工知能ソリューション事業を行う株式会社パークシャテクノロジーと共同で、チャットボット「TATERU Bot AI」の開発に着手した、と発表した。

アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドは、8月23日、人工知能ソリューション事業を行う株式会社パークシャテクノロジーと共同で、チャットボット「TATERU Bot AI」の開発に着手した、と発表した。

「TATERU Bot AI」は、パークシャテクノロジー社の保有する自動応答エンジンであるBEDOREを⽤いて構築するチャットボット。チャットからユーザーへヒアリングし、志向や資産状況などを学習・理解する。

これにより、ユーザーに適した商品や情報を提供し、資産活用の支援を行えるようになることで、「TATERU」を利用するユーザーはより気軽にもっと簡単に資産運用の相談ができるようになる。

なお、「TATERU Bot AI」のサービス提供開始は、2017年2月を予定。リリース後も「TATERU Bot AI」機能の向上や対話の多様化することを検討している。