インフラトップ、短期オフラインプログラミングスクールとして初「有料職業紹介事業」の資格を習得

インフラトップは、短期オフラインプログラミングスクールとしては初となる、有料職業紹介事業の資格を習得したことを発表。これにより、自社サービスであるWebCamp・Web スクの受講生を、自社で就職・転職・インターンへの職業紹介が可能となるという。

インフラトップは、12月16日、10月1日に短期オフラインプログラミングスクールとしては初となる、有料職業紹介事業の資格を習得したことを発表。

有料職業紹介事業許可証とは、営利を目的とするか否かにかかわらず、職業紹介に関し、対価を徴収して行うために必要な資格。これにより、自社サービスであるWebCamp・Web スクの受講生を、自社で就職・転職・インターンへの職業紹介が可能となるという。

インフラトップはこれまで、スキル習得後の「実戦の場」としてキャリア支援を行ってきたが、これまでは人材会社と提携することによって、人材会社経由でインターン・就職・転職先を紹介していたという。

今回の資格習得によって自社での直接紹介が可能となる。自社内でキャリア支援を完結することで、紹介先企業の新規開拓や、スクール在籍時のスキルやパーソナリティを基準にしたマッチングなどが可能となる。