インドの電話帳管理アプリ「InTouch」、Blume Venturesからシードで資金調達

インド・プネーの電話帳管理アプリ「InTouch」を運営するVolare Technologiesは、シードでBlume Venturesより資金調達を実施した、と発表した。資金調達の詳細については明らかにされていない。

InTouch

インド・プネーの電話帳管理アプリ「InTouch」を運営するVolare Technologiesは、4月25日、シードでBlume Venturesより資金調達を実施した、と発表した。資金調達の詳細については明らかにされていない。

Volare Technologiesは、2012年、Sarang Lakare氏によって設立された会社。電話帳の連絡先データを管理するコンタクトマネージメントアプリ「InTouch」を運営している。なお、Volare Technologiesの「InTouch」は、Microsoftのアクセラータープログラムに採択されている。

InTouch

現在、ダウンロード数は250万以上、登録コンタクト数は13億以上で、米国、英国、ドイツ、インドネシアなど190ヵ国で利用されている。

今回の資金調達によって、Volare Technologiesは、エンジニアの採用を強化し、さらに、マーケティングオペレーションを拡大していきたい考えだ。