インドのホテル予約サイト「Oyo Rooms」、ソフトバンクから約90億円を資金調達

インド・グルガーオンのホテル予約サイト「Oyo Rooms」は、ソフトバンクから9,000万ドル(約90億円)の資金調達を実施していたことを明らかにした。

ポケストップがなくても、Oyo Roomsならどこでもホテルに泊まってポケモンを探せる。

インド・グルガーオンのホテル予約サイト「Oyo Rooms](https://www.oyorooms.com/){: target=”_blank”}」は、[8月16日、ソフトバンクから9,000万ドル(約90億円)の資金調達を実施していたことを明らかにした。

Oyo Roomsは、今年4月(2016年4月)、ソフトバンク、Sequoia Capital、Lightspeed Venture Partners、Greenoaks Capital、DSG Consumer Partners、Venture NurseryからシリーズDで1億ドル(約100億円)を資金調達したばかり。

##### 参考記事

* **インドのホテル予約Oyo Rooms、ソフトバンク・セコイアなどからシリーズDで約110億円調達か**

Oyo Roomsは、2013年、Ritesh Agarwal氏によって設立された会社。比較的にリーズナブルで格安クラスのホテルを予約できる。ユーザーは、予算に合わせてピックアップされた10〜15個のホテルから選ぶことができる。

https://www.facebook.com/oyorooms/videos/1808651212703828/

前回ラウンドまでの資金調達は、以下のとおり。Oyo Roomsは、シリーズBで、バリュエーション1億ドル(約100億円)の評価を得ている。

* **エンジェルラウンド** Venture Nurseryから資金調達
* **シード** Lightspeed Venture PartnersとDSG Consumer Partnersから資金調達
* **シリーズA** Sequoia Capitalから3,000万ルピー(約4,500万円)を資金調達
* **シリーズB** Greenoaks Capital、Lightspeed、Sequoia Capitalから2,500万ドル(約25億円)を資金調達
* **シリーズC** ソフトバンク、Lightspeed Venture Partners、Sequoia Capital、Greenoaks Capitalから1億ドル(約100億円)を資金調達
* **シリーズD** ソフトバンク、Sequoia Capital、Lightspeed Venture Partners、Greenoaks Capital、DSG Consumer Partners、Venture Nurseryから1億ドル(約100億円)

今回のラウンドに、既存投資家のGreenoaks Capital、Sequoia Capital、Lightspeed Venture Partnersは投資していない。

今回の資金調達は、シリーズEでエクイティによる資金調達が6,100万ドル(約61億円)、デッドによる資金調達が2,900万ドル(約29億円)で行われた。さらに、InnoVen Capitalからデッドで500万ドル(約5億円)の資金調達を実施している。なお、プレマネーバリュエーションは4億ドル(約400億円)。

一部報道によれば、今回の資金調達について、Oyo Roomsは、以前から議決権をもつ既存投資家らに提案する一方で、既存投資家から900万ドル(約9億円)分の株式を買い戻しすべく模索していたという。

なお、今回の資金調達によって、ソフトバンクがOyo Roomsに投資するのは3回目で、3回全てリード投資家として出資している。