インドのフードデリバリー企業InnerChef、Flavour LabsとEatonGoを買収

インドでフードデリバリーを行う、インド・グルガオンのFoodTech企業InnerChefは、3月9日、インド・グルガオンのFoodTech企業Flavour Labsとインド・バンガロールのFoodTech企業EatonGoを買収することで合意したと公式Twitterで明らかにした。

InnerChef

インドでフードデリバリーを行う、インド・グルガオンのFoodTech企業InnerChefは、3月9日、インド・グルガオンのFoodTech企業Flavour Labsとインド・バンガロールのFoodTech企業EatonGoを買収することで合意したと公式Twitterで明らかにした。買収契約の詳細については明らかにされていない。

InnerChefは、2015年、インドのアクセラレーターGSF Accelerator の創業者でシリアルアントレプレナーであるRajesh Sawhney氏、インド・グルガオンで有名なカフェ出身のDi Ghent CafeのBal DiGhent氏、元Iprof Learning SolutionsのCTOであるSanjeev Singhal氏によって設立された会社。新鮮で美味しくて健康的な食事を注文から1時間以内で配達する。

InnerChef

ユーザーは、iOSAndroidのスマートフォンアプリから、すぐに食べられる弁当形式の食事と調理時間15分のインスタントの2タイプから食事を選ぶ。提供される食事は、欧州料理・地中海料理・近代インド料理。低カロリーのドレッシングを使ったサラダやパニーニとサラダのセット、パスタ、スナックなど健康志向な食事が多い。

現在、インド・南デリー、グルガオン、バンガロールで展開中だ。同社によれば、2016年末までに、インド国内6都市での提供を目指しており、将来的には、100都市で1万軒以上の家庭に提供したいとのこと。

Flavour Labsは、2014年、Nandita Shetty氏、Rohan Rajgarhia氏、Ankur Agarwal氏、Vasanth Kamath氏によって設立された会社。メンバーは、スタンフォード大学、ハーバード大学、ケンブリッジ大学、インド工科大学(IIT)などの出身者が多い。

Flavour Labs

同社では、移動式トラックのフードトラックで、サンドウィッチ、ドーサ、ハンバーガー、サラダ、デザートなどを提供する。これは、2013年、スタンフォード大学のビジネススクールがインド・バンガロールで開催したイノベーション・起業家講座のピッチイベントから生まれた。

Flavour Labs

EatonGoは、2015年、Udit Saran氏とTaru Raaj Agarwal氏によって設立された会社。これまでに友人から資金を集めている。その中には、InnerChefの創業者であるRajesh Sawhney氏も含まれていた。

EatonGo

同社では、朝食とブランチに特化したフードデリバリーを行う。ハンバーガーやサンドウィッチなどを10ルピー(約17円)から25ルピー(約43円)で提供する

EatonGo1

今回の買収により、InnerChefは、Flavour Labsのフードトラックでのデリバリーを取り入れ、さらに、EatonGoが展開するインド・バンガロールの市場を拡大していきたい考えだ。