インドのフードコートアプリ「SmartQ」、プレシリーズAで資金調達を実施

インド・バンガロールのモバイルアプリ開発会社SmartQは、YourNest Angel FundなどからプレシリーズAで資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、調達した金額は明らかにされていない。

DESCRIPTION

インド・バンガロールのモバイルアプリ開発会社SmartQは、5月18日、プレシリーズAで資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、調達した金額は明らかにされていない。

今回のラウンドは、YourNest Angel Fundがリードで、BabyOye.comの元CEOであるVijay Jumani氏が参加した。

SmartQは、2015年、Krishna Wage氏とAbhishek Ashok氏によって設立された会社。テクノロジーの力で人々の生活の質を向上させることをミッションに掲げる。

SmartQを使えば、フードコードで渋滞に並ばなくてもスマートフォンアプリから注文してたった15秒で注文が受け付けられる。もちろん、支払いはPayUとPayTMを統合されたオンライン決済で迅速に支払える。SmartQを使えば、これまでフードコートで注文から受け取りまでにかかっていた時間を約99%削減できる。

DESCRIPTION

SmartQは、現在、インド・バンガロールで10〜15のIT企業などで利用されている。1日あたりのトランザクション数は1,800、1ヶ月あたりの月次成長率は50%以上。

今回の資金調達によって、SmartQは、アミューズメントパークやリテール向けにさらなる事業開発を進め、1,000億ドル(約11兆円)以上と言われるフードコート市場で圧倒的な存在感を示していきたい考えだ。