インドのドッグフード特化型ECベンチャーDogsee Chew、エンジェルラウンドで約3,000万円を資金調達

インド・バンガロールのドッグフード特化型ECベンチャーDogsee Chewは、エンジェルで29万7,000ドル(約3,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。今回のラウンドには、複数のエンジェル投資家が参加した。

インド・バンガロールのドッグフード特化型ECベンチャーDogsee Chew](https://dogseechew.com/){: target=”_blank”}は、[7月20日、エンジェルで29万7,000ドル(約3,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。今回のラウンドには、複数のエンジェル投資家が参加した。

Dogsee Chewは、2015年、シリアルアントレプレナーBhupendra Khanal氏によって設立された会社。ネパールやダージリンなどヒマラヤの範囲にある小売事業者から、健康で自然食なドッグフードを提供する。現在、インドの20州以上から7タイプの商品を提供する。また、Dogsee Chewは、ツイッターなどのSNSを使って、インドの介助犬の育成のキャンペーンなども行っている。

今回の資金調達によって、Dogsee Chewは、さらなる事業拡大を目指したい考えだ。

なお、ペットフード特化型ECベンチャーには、DogSpot、PetsWorld、Petfooddirectなどがある。