インドのダイエットコーチ「HealthifyMe」、シリーズAで約6億6,000万円を資金調達

インド・バンガロールのウェルネス経営ソリューションやダイエットコーチプログラムを運営するHealthifyMeは、シリーズAで600万ドル(約6億6,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。

HealthifyMe1

インド・バンガロールのウェルネス経営ソリューションやダイエットコーチプログラムを運営するHealthifyMeは、5月10日、シリーズAで600万ドル(約6億6,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、IDG Ventures India、Inventus Capital、Blume Venturesが参加した。

HealthifyMeは、2012年、Tushar Vashist氏とSachin Shenoy氏によって設立された会社。

HealthifyMe2

HealthifyMeでは、クラウドベースのダイエットプログラム、Fitbit・YuFit・MiBandなどのウェアラブル端末と連携したアプリ、栄養士・トレーナー・ヨガインストラクターなどの専門家を組み合わせて、フィットネスサービスを提供する。HealthifyMeの事業は、日本で言うところのFiNCと近しいようにも思う。

HealthifyMeのパートナーには、ユニリーバやフィリップスなど大手企業が参加している。

HealthifyMe3

また、HealthifyMeによれば、インド内の食料品とウェアラブル端末のデータを同期できるインド国内最大のヘルスケアデータベースを持っているという。

今回の資金調達によって、HealthifyMeは、デジタルコーチングプラットフォームの開発を強化し、さらに、生活習慣病、糖尿病、肥満などを予防するためにヘルスケアプロバイダーMedanta、Apollo、Manipalと連携しながら医療サービスを提供していきたい考えだ。