インドのスクールバスアプリ「AppAlert」、シードで約1億円調達

インド・グルガーオンを拠点にモバイルベースでリアルタイムスクールバストラッキングシステムを提供するAppAlertは、エンジェル投資家からシードで6,000万ルピー(約1億106万円)の資金調達を実施した、と発表した。

AppAlert

インド・グルガーオンを拠点にモバイルベースでリアルタイムスクールバストラッキングシステムを提供するAppAlertは、3月18日、エンジェル投資家からシードで6,000万ルピー(約1億106万円)の資金調達を実施した、と発表した。

AppAlertは、2015年、A shuvinder Ahuj氏によって設立された会社。消費者と物流の狭間で生じるギャップを埋めることで、信頼性と安全性が高いユビキタスネットワークの提供を目指す。

同社のスマートフォンアプリ「AppAlert」では、小学校のスクールバス情報をリアルタイムでトラッキングする。これにより、両親は、スマートフォンから子供の通学状況を知ることができる。

AppAlert1

同アプリのビジネスモデルは定額制。両親の許可が下りると、子供は両親とともにサービスを利用できる。なお、近日中に、インド国内の小学校22校で導入される予定だ。

今回の資金調達によって、同社は、事業をさらに拡大していきたい考えだ。