インドのオンラインストア開設サービス「KartRocket」、シリーズBで総額約9億円を調達

インド・ニューデリーを拠点に、WEB及びスマートフォン対応オンラインストア開設サービス「KartRocket」を運営するBigFoot Retail Solutions Pvt. Ltd.は、3月8日、シリーズBで総額800万ドル(約9億1,040万円)を調達した、と公式Twitterで発表した。

BigFoot Retail Solutions

インド・ニューデリーを拠点に、WEB及びスマートフォン対応オンラインストア開設サービス「KartRocket」を運営するBigFoot Retail Solutions Pvt. Ltd.は、3月8日、シリーズBで総額800万ドル(約9億1,040万円)を調達した、と公式Twitterで発表した。

今回のシリーズBの内訳は、

* 2016年1月、Bertelsmann India Investments(BII)、Nirvana Digital India Fund、Nirvana Digital Investment Holding Co. Ltd、500 Startups、シンガポールのBEENEXTより600万ドル(約6億8,280万円)
* 2016年3月、日本の投資家(非公開)より200万ドル(約2億2,760万円)

の資金調達となった。また、同社は、これまでに、

* 2013年、500 Startups、5ideas.inよりシードで資金調達
* 2014年、インドのベンチャーキャピタル(VC)Nirvana Venture Advisor、500 Startups、BEENOS株式会社<マザーズ: 3328>よりシリーズAで200万ドル(約2億2,760万円)を調達

している。

同社は、2012年、Saahil Goel氏、Gautam Kapoor氏、Vishesh Khurana氏によって設立された会社。インドの小売店鋪向けに、独自ドメインでオンラインストアを開設できる「KartRocket」を提供する。

KartRocket

「KartRocket」は、E2E(エンドツーエンド)でオンラインショッピング体験ができるB2Cマーケットプレイス。これにより、店舗は、Web・スマートフォンに対応したオンラインストアを開設できる。さらに、eBay・Amazon・Snapdealなど複数マーケットプレイスに対して、一括出品機能などを通じたプロモーションができるようになる。また、オンライン決済、物流事業者との連携も簡単にできる。

また、2015年9月には、モバイルファーストのO2O(Online to Offline)「Kraftly」をリリース。リリースから約半年の2016年1月時点で、店舗数は7,500以上、1日あたりの商品リスティング数は1万以上で好調なスタートだ。

Kraftly

「Kraftly」では、小規模な小売事業者・個人・在宅起業家向けに、アパレル・アクセサリー・家具・工芸品・電化製品など小売事業の人気上位カテゴリを対象としている。

今回の資金調達により、同社は、さらなる成長に向けて、「Kraftly」事業を拡大していきたい考えだ。