インドのオフラインレンタルディスカバリープラットフォームAppie、ブリッジファイナンスで約1億円を資金調達

インド・ムンバイのオフラインレンタルディスカバリープラットフォームAppieは、ブリッジファイナンスで100万ドル(約1億円)の資金調達を実施した、と発表した。

DESCRIPTION

インド・ムンバイのオフラインレンタルディスカバリープラットフォームAppieは、5月19日、ブリッジファイナンスで100万ドル(約1億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回の資金調達は、インド・ムンバイのエンジェル投資家とヨーロッパのエンジェル投資家2名が参加したという。

Appieは、2014年、Kartik Sanghavi氏によって設立された会社。地元の洋服屋や家具屋など実店舗の小売事業者向けにオンラインマーケティングを行うことで顧客獲得を支援する。なお、Appieでは、手数料として小売事業者からトランザクション1件あたり0.2〜0.9%を受け取る予定。

現在、インド・ムンバイの1,200店舗と提携している。現在、Appieはベータテスト中で、6月に正式リリース予定。

今回の資金調達によって、Appieは、プロダクトのリリースに向けて、顧客獲得と事業開発を強化していきたい考えだ。