インドのエンタープライズSaaS企業SirionLabs、セコイアなどからシリーズBで約13億円を資金調達

インドのエンタープライズSaaSスタートアップSirionLabsは、Sequoia CapitalからシリーズBで1,225万ドル(約13億円)の資金調達を実施した、と発表した。

インドのエンタープライズSaaSスタートアップSirionLabs](http://www.sirionlabs.com/){: target=”_blank”}は、[7月12日、シリーズBで1,225万ドル(約13億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、既存投資家のSequoia Capitalがリードで、QualGro Asean FundとCanopy Venturesが参加した。

SirionLabsは、2012年、Ajay Agrawal氏によって設立された会社。サービス契約の署名管理に焦点を当てた、企業向けSaaSプロダクトのプロバイダー。SirionLabsの独自システム「Sirion」を使って、契約、パフォーマンス、金融、リレーションシップ、リスクマネジメントといった複雑なガバナンスを自動化することで、サプライヤーのガバナンス機能にかかるコストを削減する。

今回の資金調達によって、SirionLabsは、事業拡大と研究開発を強化していきたい考えだ。