インドで展開中の韓国Balance Hero、ソフトバンクのSoftBank Ventures Koreaから資金調達

インドを中心に全世界でモバイルバランスチェックアプリ「True Balance」を運営する韓国のBalance Heroは、ソフトバンクグループ株式会社<東証第1部: 9984>の持ち株会社であるSoftBank Ventures Koreaを引受先とする資金調達を実施したと発表した。資金調達の詳細については明らかにされていない。

True Balance
モバイルバランスチェックアプリ「True Balance」を運営する韓国のBalance Heroは、3月31日、ソフトバンクグループ株式会社<東証第1部: 9984>の持ち株会社であるSoftBank Ventures Koreaを引受先とする資金調達を実施した、と発表した。資金調達の詳細については明らかにされていない。

今回の資金調達によって、Balance Heroは、事業開発を強化し、さらなる事業拡大を目指していきたい考えだ。

Balance Heroは、2014年、元Access MobileのCEO兼PresidentであるCheolwon Lee氏によって設立された会社。インドを中心に全世界でモバイルバランスチェックアプリ「True Balance」を提供する。

True Balance1

「True Balance」は、プリペイド型Androidスマートフォンユーザー向けに、データ通信量や使用履歴などを可視化し、料金残高の残りをインフォグラフィックをつかって伝える。さらに、リアルタイムで、ユーザーの利用動向に合わせて、最適な料金プランを提案する。2016年1月には100万ダウンロードを超えた。

True Balance2

なお、Balance Heroは、2015年、韓国のベンチャーキャピタル(VCD)であるBonAngels Venture PartnersとMega InvestmentからシリーズAで総額8億ウォン(約7,500万円)の資金調達を実施している。