インテル、AIスタートアップNervana Systemsを約510億円で買収

インテルは、8月9日、米国のAIスタートアップNervana Systemsを買収することで合意した、と発表した。買収条件は明らかにされていないが、買収価格は3億5,000万ドル〜5億ドル(約350億円〜510億円)と推定される。

インテルは、8月9日、米国のAIスタートアップNervana Systemsを買収することで合意した、と発表した。買収条件は明らかにされていないが、買収価格は3億5,000万ドル〜5億ドル(約350億円〜510億円)と推定される。

Nervana Systemsは、2014年、Qualcomm出身の研究者Naveen Rao氏らによって設立された会社。半導体レベルにまで最適化したディープラーニングのソフトウェアを開発。

Nervana Systemsは、これまでにAllen & Company、AME Cloud Ventures、Data Collective、DFJ、Fuel Capital、Lux Capital、SV Angelなどから2,500万ドル(約25億円)の資金調達を実施している。

今回の買収によって、インテルは、Nervana Systemsの技術を統合することで、AI/ディープラーニング関連の計算処理に関する製品の最適化を目指したい考えだ。

なお、今回の買収で、Nervana Systemsの従業員48名がインテルのデータセンター部門に所属する。