インターンシップ情報「JEEK」運営のTechouse、94年生まれ22歳の露木氏を執行役員に抜擢

株式会社Techouseは、本日(10月26日)付で、執行役員に露木修斗氏が就任したことを発表。露木氏は1994年生まれの22歳での就任となる。

株式会社Techouseは、本日(10月26日)付で、執行役員に露木修斗氏が就任したことを発表。露木氏は1994年生まれの22歳での就任となる。

Techhouseは、インターンシップ・インターン情報「JEEK」を運営。今後、Techhouseでは、長期インターンのみならず、日本のキャリア教育の歴史を押し進めるような存在に成長することを目指している。

今回の露木氏の就任について、Techouseは、

現在22歳ながら、学生時代に自らも様々なチャレンジをし、今の時代の学生の気持ちが分かり、明確なビジョンを持って事業を成長させることができる露木を責任者へと任命する運びとなりました。

と述べている。

**経歴:露木修斗氏**

1994年4月生まれ、中央大学在学中よりインターン生としてTechouseの創業期から参画。「JEEK」の責任者として売り上げの向上や資金調達に貢献。その後、一時退社し、nana music社にて「nanaキャス」の企画を担当し、10誌以上の媒体に取り上げられるなどサービス成長の尽力。その他にも株式会社Gunosyにて新卒採用企画や、株式会社エウレカにて「Couples」のメディアディレクターを経験し、人材コンサルのフリーランスとして従事。2016年8月より、株式会社Techouseにて再度「JEEK」の事業責任者として勤務し、2016年10月より、執行役員へ就任。