インターネットテレビ局「AbemaTV」、最新モデルタブレット 「HUAWEI MediaPad M3」にプリインストール決定

AbemaTV(アベマティーヴィー)が運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)より発売される最新モデルのタブレット端末「HUAWEI MediaPad M3」にて、「AbemaTV」のアプリケーションがプリインストールされることが決定したことを発表。なお、「AbemaTV」のアプリケーションが端末にプリインストールされることは初めてのこと。

AbemaTV(アベマティーヴィー)が運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、12月13日、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)より発売される最新モデルのタブレット端末「HUAWEI MediaPad M3」にて、「AbemaTV」のアプリケーションがプリインストールされることが決定したことを発表。

ファーウェイは、2015年に1億800万台のスマートフォンを出荷、2015年3月以来、グローバルでのマーケットシェアでは第3位とトップクラスの地位を誇るほか、日本国内でもSIMフリーのスマートフォン・タブレット端末でのシェアを伸ばし、2016年にはAndoidタブレット、SIMフリースマートフォンにおいて販売数第1位を獲得している。

今回、ディスプレイには大画面8.4インチ2Kディスプレイを搭載、また世界的なオーディオブランドである米国ハーマン社のハーマンカードンがチューニングを施し、臨場感溢れるダイナミックなサウンドを提供するなど、エンターテイメント性能が高い最新タブレット端末「HUAWEI MediaPad M3」に「AbemaTV」のアプリケーションがプリインストールされることになった。これにより、ドラマ、音楽、スポーツ、アニメ、バラエティなど「AbemaTV」の豊富で多彩な約30チャンネルを、高精細大画面かつ迫力のサウンドで楽しめる。

なお、「AbemaTV」のアプリケーションが端末にプリインストールされることは初めてのこと。