イスラエルのグループメッセンジャーアプリ「Meucci」、「Yo」の投資家Singulariteamなどからシードで約6億7,000万円を資金調達

イスラエル・テルアビブのMeucciは、SingulariteamなどからAndroid・iOSグループメッセンジャーアプリ「Meucci」をリリースし、さらにシードで600万ドル(約6億7,000万円)の資金調達を実施したことを公式Twitterで発表した。Singulariteamはコミュニケーションアプリ「YO」などに投資するイスラエルのベンチャーキャピタル。

Meucci

イスラエル・テルアビブのMeucciは、4月13日、Android・iOSグループメッセンジャーアプリ「Meucci」をリリースし、さらにシードで600万ドル(約6億7,000万円)の資金調達を実施したことを公式Twitterで発表した。

720259993992204288

今回の資金調達は、イスラエルのベンチャーキャピタルSingulariteamがリードで、中国のDragon VenturesとXu Li氏が参加した。SingulariteamはInstagramに対抗するソーシャル写真サービス「Mobli」やコミュニケーションアプリ「YO」に投資している。

Meucciは、2011年、Arnon Ayal氏、Yubal Cnaan氏、Rubi Kizner氏によって設立された会社。「Meucci」では、簡単に手軽にグループチャットやグループ電話ができる。

Meucci1

今回の資金調達によって、Meucciは、事業開発を進めていきたい考えだ。