イギリス初のアプリ銀行「Atom Bank」が約130億円を資金調達か?住宅ローン業界にも進出

イギリスで初めてのアプリ銀行を手がけるフィンテックスタートアップ「Atom Bank」は、最新のラウンドで1億ポンド(約130億円)の資金調達を実施する計画であることが報じられた。今後数か月以内に住宅ローンのサービスを提供開始する予定。

9月19日付のSky Newsは、イギリスで初めてのアプリ銀行を手がけるフィンテックスタートアップ「Atom Bank」は、最新のラウンドで1億ポンド(約130億円)の資金調達を実施する計画であることが報じられた。

これにより、Atom Bankは、欧米の潜在的顧客に向けてさらなる事業拡大を目指したい考えだ。

今回の資金調達が無事クローズできれば、資金調達額は累計2億3,500万ポンド(約310億円)となる見込み。

Atom Bankは、Metro Bankの共同創業者Anthony Thomson氏と、元HSBCのテレホンバンキング部門長を務めていたMark Mullen氏が設立した会社。

Atom Bankは、3D技術やゲーミフィケーション、生体認証などを駆使し、アプリだけで完結する「アプリ銀行」を提供する。

またAtom Bankでは、すでに口座が開設されており、今後数か月以内に住宅ローンのサービスを提供開始する予定。

なお、最新のラウンドで、Atom Bankは、初めて米国・シリコンバレーの投資家から資金調達を実施するという。