アフリカのエンジニア育成Andela、ザッカーバーグ夫妻のCZIとGVなどからシリーズBで約25億円を資金調達

米国・ニューヨークに拠点をもち、アフリカでソフトウェア開発者の育成をすることで全世界の企業にエンジニアを輩出することを目指すAndelaは、シリーズBで2,400万ドル(約25億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回のラウンドは、FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏とその妻であるPriscilla Chan氏の慈善団体Chan Zuckerberg Initiative(CZI)がリードで、新規投資家のGV(旧 Google Ventures)などが参加した。

米国・ニューヨークに拠点をもち、アフリカでソフトウェア開発者の育成をすることで全世界の企業にエンジニアを輩出することを目指すAndela](https://andela.com/){: target=”_blank”}は、[6月16日、シリーズBで2,400万ドル(約25億円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏とその妻であるPriscilla Chan氏の慈善団体Chan Zuckerberg Initiative(CZI)がリードで、新規投資家のGV(旧 Google Ventures)と既存投資家のSpark Capital、Omidyar Network、Learn Capital、アフリカのCRE Venturesが参加した。Chan Zuckerberg Initiativeにとっては、今回の出資が初めての投資だという。

Andelaは、北米とアフリカに精通したベテランの起業家によって設立された会社。ニューヨーク、サンフランシスコ、ラゴス、ナイロビに拠点を持つ。Andelaでは、熟練したソフトウェア開発者と企業のニーズとのギャップを埋めることで、アフリカの最も目に見える大きな動きであるテクノロジーの動きを成長させることを目指す。

https://www.facebook.com/thisisandela/photos/a.1454243031500426.1073741828.1451633188428077/1714470628810997/?type=3&permPage=1

Andelaでは、ナイジェリアとケニアで有望な開発者を職業訓練する。これまでに過去2年間で、4万以上の応募があり、そのうちの上位0.7%の開発者だけ採用されている。

現在、Andelaでは、200以上の開発者を抱える。彼らは、6Sense、the Museのようなベンチャー支援のスタートアップ、Google、Microsoftなどの業界をリードする企業などで利用されており、米国でも指折りのハイスペックなエンジニアと一緒に仕事をしている。

今回の資金調達によって、Andelaは、アフリカでの事業展開を進めるとともに、グローバルパートナー企業に対して未開拓な技術的才能がある有望な開発者へのアクセスを増やしたい考えだ。

なお、Andelaでは、2016年末までに、ナイジェリア、ケニアに次ぐ、アフリカで3番目の国で事業を展開していきたい考えだ。