アグリホールディングスがSBSホールディングスやリバネスから総額1億円を資金調達

農業・食・健康のソリューションカンパニーとして展開するアグリホールディングス株式会社は、本日、SBSホールディングス株式会社、株式会社リバネス、ほか個人3名を対象として総額1億円の第三者割当増資を実行した、と発表。

農業・食・健康のソリューションカンパニーとして展開するアグリホールディングス株式会社は、本日(9月13日)、SBSホールディングス株式会社、株式会社リバネス、ほか個人3名を対象として総額1億円の第三者割当増資を実行した、と発表。

アグリホールディングスは、「日本米」「日本酒」「おにぎり」といった日本が世界に誇る『ライス・プロダクト、ライス・カルチャー』を発信し、日本の農業から海外の食市場までグローバル・バリューチェーンを構築する企業。現在、日本、シンガポール、アメリカ合衆国の3ヶ国に、『農業生産事業』、『グローバル・バリューチェーン構築事業』、『おにぎり・食品事業』など8社を展開。

今回の資金調達によって、アグリホールディングスは、シンガポールのSAMURICEの店舗展開およびジュロン地区に設置している工場・物流拠点の強化、日本における農業生産の強化、米国展開等を推進していきたい考えだ。