アウトドア用品のスマートトランクサービス「hinata trunk!」を運営するvivit、寺田倉庫から資金調達

vivit株式会社は、キャンプ道具やアウトドア用品を預けて手ぶらでも遊びに行けるスマートトランクサービス「hinata trunk!」において、業務提携パートナーである寺田倉庫を引受先とする第三者割当増資を実行した、と発表した。

vivit株式会社は、8月12日、キャンプ道具やアウトドア用品を預けて手ぶらでも遊びに行けるスマートトランクサービス「hinata trunk!」において、業務提携パートナーである寺田倉庫を引受先とする第三者割当増資を実行した、と発表した。

vivit株式会社は、「きっとそとが好きになる」というコンセプトを元に、「hinata」ブランドで、メディア等のWebサービスを展開。

その中の1つであるアウトドア用品に特化したスマートトランクサービス「hinata trunk!」において、寺田倉庫が運営するオペレーションシステムのアプリケーション「MINIKURA API」を導入。寺田倉庫が運営するクラウドストレージサービスとスタートアップ企業へのインキュベーションを行う「MINIKURA」と「hinata」がタッグを組むことで、ライフスタイルをより豊かにする新しいインフラとなるべく、様々なサービスを展開していく。

今回の資金調達によって、vivitは、中核人材の採用促進やプロモーションの強化、周辺企業とのアライアンスを強化し、寺田倉庫とは、今まで以上の連携を図り、「hinata」を通じて、アウトドア業界の常識を覆す事業を進めていきたい考えだ。