アイルランドの妊娠合併症早期発見ヘルスケアベンチャーMetabolomic Diagnostics、シードで約1億8,000万円を資金調達

アイルランド・南部コークを拠点に妊娠合併症の早期発見を進めるヘルスケアベンチャー企業Metabolomic Diagnosticsは、シードで160万ユーロ(約1億8,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。

アイルランド・南部コークの医療診断ヘルスケア企業Metabolomic Diagnostics](http://www.metabolomicdiagnostics.com/){: target=”_blank”}は、[6月17日、シードで160万ユーロ(約1億8,000万円)の資金調達を実施した、と発表した。

今回のラウンドは、アイルランドのB2B企業に投資するSOSventuresが参加した。

Metabolomic Diagnosticsは、UCCの乳児研究施設のディレクターであるLouise Kenny氏が妊娠中のメタボロームバイオマーカーについて研究したものをベースに、 Charles Garvey氏とタッグを組んで設立された会社。妊娠初期の合併症である子癇前症(しかんぜんしょう)を早期発見するため血液検査『PrePsia』を開発中。

今回の資金調達によって、Metabolomic Diagnosticsは、事業開発をすすめ、2017年に商用化を目指したい考えだ。