<速報>アイフリーク、日中のVR市場へ本格参入…中国のVR映画製作会社と業務提携に向けた基本合意書を締結

アイフリークは、既存事業の発展と新たな事業への取組みを目的として、バーチャルリアリティ(VR)技術を用いて主に3D映画製作及び配給を行う、蘇州米粒影視文化伝播有限公司(Mili Pictures)との業務提携に関する基本合意書を締結することを決定。

アイフリークは、11月14日開催の取締役会において、既存事業の発展と新たな事業への取組みを目的として、バーチャルリアリティ(VR)技術を用いて主に3D映画製作及び配給を行う、蘇州米粒影視文化伝播有限公司(Mili Pictures)との業務提携に関する基本合意書を締結することを決定。

アイフリークは、モバイルコンテンツ事業を通して、デコメ、スタンプ及び絵本等のデジタルコンテンツを提供する会社。

今回の業務提携によって、アイフリークが展開しておりますデジタルコンテンツ(2D)の配信に加え、仮想現実空間(VR)、拡張現実空間(AR)に代表される「three-dimensional」あるいは「three dimensions」といった3Dでの物体構造での表現が可能になるとともに、VR/3D技術の蓄積及び習得、集客効果の向上及び事業の拡大が可能となる。加えて、双方協力のもと、VR関係技術の向上及びコンテンツの充実、さらには、日中両国におけるVR産業の発展を目指す。

具体的には、Mili Picturesがアイフリークに対し、VR商品と技術提供、アイフリークがMili Picturesの日本の市場開拓・日本進出のサポートを行うため、日本国内の提携パートナー及びVR技術の紹介窓口となりMili Picturesの日本市場への展開に協力していく。

なお、アイフリークは、アイフリークの保有する質の高いITを提供する一方で、Mili Picturesが開発するVRゲームや映画などが日本市場に進出する場合、それにかかる3Dモデル製作や日本語翻訳などについてもサポートする予定。