もっと簡単、もっと自由に。「LINE Creators Market」が審査基準を改訂

LINE株式会社は、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、スタンプ1セット8個から販売可能になったことを発表した。また、同日より写真を使用したスタンプの販売も解禁した。

LINE株式会社は、10月6日、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」において、スタンプ1セット8個から販売可能になったことを発表した。また、同日より写真を使用したスタンプの販売も解禁した。

「LINE Creators Market」は、ユーザーが「LINE」の「スタンプ」や「着せかえ」を制作し、「クリエイターズスタンプ/着せかえ」として「LINE STORE」および「LINE」アプリ内のスタンプ・着せかえショップを通じて世界中のLINEユーザー向けに販売することができるプラットフォーム。

2014年5月のサービス開始以降、世界中から多くのクリエイターが参加し、現在、登録クリエイター数は61万人、販売中のスタンプ・着せかえ数は合計32万セットを超える。

今回の発表によって、「LINE Creators Market」では、これまで以上に多くのユーザーに、より自由に、より簡単にスタンプ制作を楽しんでもらうことで、クリエイター活動におけるエコシステムの構築を目指していくとともに、スマートフォンにおけるコミュニケーションインフラとして、グローバルでのプラットフォーム展開を進めていきたい考えだ。