はてながLINEと技術連携…サーバー監視サービス「Mackerel」でLINEが提供する通知連携サービス「LINE Notify」に対応

株式会社はてなのサーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」は、LINE株式会社が提供開始した「LINE Notify」と連携したことを発表。これにより、「Mackerel」の利用者は、あらかじめ設定したサーバー監視に関するアラートを、Email、Slackなどに加えLINEでも受け取ることができるようになる。

株式会社はてなのサーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」は、9月29日、LINE株式会社が提供開始した「LINE Notify」と連携したことを発表。

これにより、「Mackerel」の利用者は、あらかじめ設定したサーバー監視に関するアラートを、Email、Slackなどに加えLINEでも受け取ることができるようになる。

「LINE Notify」は、APIにより連携することで、外部Webサービスやアプリケーションなどからの通知をLINEアカウントのメッセージを通じてユーザーに配信できるサービスです。サービスの登録や必要な開発を行うことで、誰でも無料で「LINE」との通知連携を実装することができます。開発者は、Personal Access Tokenを発行することで、設定不要で簡単に通知を送信することが可能です。

「LINE Notify」は、「LINE DEVELOPER DAY 2016」のセッションにて発表され、サービス提供開始に合わせて連携する3サービスの1つとして、「Mackerel」も連携機能の提供を開始。

はてなの提供するサーバー監視サービス「Mackerel」は、「はてなブックマーク」や「はてなブログ」などの大規模な個人ユーザー向けサービスの提供で培ってきたサーバー・インフラ環境の管理ノウハウを基に開発したSaaS型サーバー監視サービス。

サーバーにおける各種ハードウェアやアプリケーションソフトウェアの性能をリアルタイムに監視できる。多数のOSSツールやサードパーティのサービスと柔軟に連携でき、エンジニアが直感的に使用できるのが魅力のひとつ。100週以上継続して新機能をリリースしながら日々進化し、エンジニアの迅速なサービス品質の向上や最適なリソース配分によるコスト抑制へ貢献し続けることを目指す。

「Mackerel」では、これまで、登録しているホストを監視し、状況に応じてアラートを通知する機能を提供してきた。対応している通知チャンネルはEmailとWebhookの他に、Slack、Yammer、HipChat、ChatWork、Typetalk、im.kayac.com、PagerDuty、OpsGenie、Reactioなど、多様なサードパーティのサービスと連携可能になった。

今後「LINE Notify」への対応と同様に、「Mackerel」では、利用者の利便性を高めるための積極的なサービス連携に取り組みたい考えだ。加えて、サービスの機能向上を通じて、エンジニアが抱えるインフラ環境の複雑性にまつわる様々な課題を解消し、より効率的な開発・運用プロセスへの革新を支援していく。