じげん、過去最大30億円で買収 東海地方市場シェア首位の三光アドを子会社化

じげんは、三光アドの発行済株式の 100%を取得し、また、資金の借入を行ったことを発表した。今回のM&Aは、じげんにとって上場来8件目のM&Aで、売上高、利益、株式取得額、いずれも過去最大規模になるという。

じげんは、1月10日付で、三光アドの発行済株式の 100%を取得し、また、資金の借入を行ったことを発表した。

* 参考記事:**じげん、上場来8件目のM&Aは東海地方市場シェア首位の「三光アド」**

三光アドは、東海地方において新聞折込求人広告の企画・制作・発行を手掛ける会社。発行頻度は、原則、週1回、発行部数約300万部、発行当たり掲載社数約1,200社で、主要な展開地域では市場シェア首位を確立する。

今回のM&Aによって、じげんは、リアル媒体とインターネット媒体のクロスセル、及びウェブマーケティングのノウハウ活用によって、三光アドの顧客基盤拡充、集客力強化を考えているという。これにより、三光アドが有する顧客基盤及び求人情報を当社が運営するアグリゲーションメディアへと統合することで、ユーザーの利便性やクライアントメディアへの送客力向上を目指す。

加えて、じげんでは、三光アドをはじめとする地域特化型のリアル媒体とインターネット媒体とでは顧客基盤が大きく異なるため、リアルコンテンツ(求人情報)の統合を進めることで、アグリゲーションメディアの網羅性、介在価値を高め、クライアントメディアとの共存関係を更に強化していきたい考えだ。

なお、今回のM&Aは、じげんにとって上場来8件目のM&Aで、売上高、利益、株式取得額、いずれも過去最大規模になるという。