じげん、不動産売買領域に本格参入!第一弾は不動産売買に特化したマーケティング支援ツール「smaRE(スマーレ)」を発表 グループのWEBマーケティングナレッジを集約

じげんは、簡単・無料で高機能な不動産売買に特化したホームページを制作をはじめとしたマーケティング支援ツールとして、「smaRE(スマーレ)」を2017年3月上旬より提供開始した。


じげんは、簡単・無料で高機能な不動産売買に特化したホームページを制作をはじめとしたマーケティング支援ツールとして、「smaRE(スマーレ)」を2017年3月上旬より提供開始した。

じげんでは、2010年に「賃貸スモッカ」サービス提供開始以降、不動産領域の中でも、賃貸に関連した意思決定に注力して支援してきた。その一方で、2016年に不動産売買・仲介業者を顧客にウェブサイトの制作及びSEO、SEM等を通じた集客支援を行う「エリアビジネスマーケティング」の全株式を取得・吸収合併以降、不動産売買に関しても順調に事業が拡大している。今回新たに提供開始する「スマーレ」は、同プロジェクトにおける250以上の不動産ホームページ制作及び集客実績に基づくノウハウを集約したサービスとも言える。

「スマーレ」は、初期費用0円で、必要事項を入力すれば10分程度で物件を登録できる状態までサイトが完成できる。基本的な機能に加えて、他社では有料あるいは未対応の場合が多いスマートフォンやLINE@への対応も無料プラン(ミニマムプラン)で利用可能。なお、今なら「有料プラン(ライトプラン)1ヶ月無料キャンペーン」も実施中。

今後「スマーレ」では、不動産会社ユーザーの声をもとに、ユーザーエクスペリエンスの改善を進めていくことに加え、不動産売買分野においても、最良の意思決定を支援していけるよう、より一層サービスの拡充を進めていきたい考えだ。