お金のデザインが累計資金調達額25億円を突破…丸井、ベネフィット・ワンなどから新たに資金調達を実施

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する、株式会社お金のデザインは、ちばぎんキャピタル株式会社、静岡キャピタル株式会社、株式会社ふくおかテクノロジーパートナーズ、株式会社丸井グループ、株式会社ベネフィット・ワン、東京短資株式会社ほかを引受先とする総額約8億1,000万円の第三者割当増資を実施することに合意し、実施中であることを発表した。

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する、株式会社お金のデザインは、9月13日、ちばぎんキャピタル株式会社、静岡キャピタル株式会社、株式会社ふくおかテクノロジーパートナーズ、株式会社丸井グループ、株式会社ベネフィット・ワン、東京短資株式会社ほかを引受先とする総額約8億1,000万円の第三者割当増資を実施することに合意し、実施中であることを発表した。

「THEO」は、日本初の独自開発のロボアドバイザーによる資産一任運用サービス。9つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが、世界の約6,000のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し、運用する。10万円から、スマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチで、20代・30代を中心に利用が広がっている。

今回の資金調達によって、お金のデザインは、業務提携によるビジネス推進を進め、サービス向上、新規顧客層の開拓に加え、金融機関向けOEMモデルの開発強化、個人向け確定拠出年金制度へのビジネス展開を実現していきたい考えだ。

なお、今回の資金調達で、累計資金調達額は25億円以上。