お金のデザイン、地方銀行5行・リクルート・日本交通などから資金調達

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する、株式会社お金のデザインは、株式会社山口フィナンシャルグループ傘下の山口キャピタル株式会社、株式会社武蔵野銀行傘下の株式会社ぶぎんキャピタル、株式会社京都銀行グループが設立した「京銀輝く未来応援ファンド投資事業有限責任組合」、株式会社東邦銀行、株式会社百五銀行、株式会社リクルートホールディングス、日本交通株式会社ほかを引受先とする追加第三者割当増資を実施することに合意したことを発表。

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する、株式会社お金のデザインは、11月21日、株式会社山口フィナンシャルグループ傘下の山口キャピタル株式会社、株式会社武蔵野銀行傘下の株式会社ぶぎんキャピタル、株式会社京都銀行グループが設立した「京銀輝く未来応援ファンド投資事業有限責任組合」、株式会社東邦銀行、株式会社百五銀行、株式会社リクルートホールディングス、日本交通株式会社ほかを引受先とする追加第三者割当増資を実施することに合意したことを発表。2013年8月の創業時からの累積調達額は28億円超となった。

今回の資金調達によって、個人向けロボアドバイザー「THEO」のサービス向上に加え、個人向け確定拠出年金へのビジネス展開、新規チャネルの開発チームの強化、それに伴うマーケティング活動やビジネス領域の拡大等の取り組みを強化していきたい考えだ。

また、増資の引受先の企業とは、今後、資本だけでなく、業務提携も幅広く展開予定。

第1弾として、山口フィナンシャルグループとは、11月15日付で資本業務提携を締結し、グループ傘下の山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行のお客さま向けに「THEO for 山口銀行/もみじ銀行/北九州銀行」(いずれも仮称)の提供を進める。