おしゃれ新オフィスへ移転!エンジニア特化型キャリア支援の株式会社Branding Engineer、プログラミング教室の「TECH::CAMP」と業務提携

今回Pedia Newsでは、エンジニア特化型ダイレクトリクルーティングサービス「Tech Stars」をはじめHRTech領域を中心にサービスを展開する株式会社Branding Engineerの代表取締役COO高原克弥氏に、移転したばかりの新オフィスでインタビューを実施。Branding Engineerならではのこだわりが詰まったおしゃれな新オフィスで、短期集中プログラミング学習プログラム「TECH::CAMP」を提供する株式会社divとの業務提携の経緯についてお伺いした。

エンジニア特化型ダイレクトリクルーティングサービス「Tech Stars」をはじめHRTech領域を中心にサービスを展開する株式会社Branding Engineerと短期集中プログラミング学習プログラム「TECH::CAMP」を提供する株式会社divは、本日(9月1日)、業務提携を締結したことを発表した。

今回の業務提携について、株式会社div代表取締役の真子就有氏は、

Branding Engineer社は数多くのエンジニアキャリア支援ノウハウを持った企業です。当社は「TECH::CAMP EXPERT」を6月末にスタートし、未経験から即戦力のエンジニアを育成しています。今回のBranding Engineer社との事業提携により、「TECH::CAMP EXPERT」受講生の最適なキャリア選択が可能になると考えています。

と述べている。

一方、Branding Engineerは、今回の業務提携によって、これまでの数多くのキャリア支援ノウハウを活かし、「TECH::CAMP」参加の潜在エンジニア層に対して、より充実したキャリア支援、就業支 援を提供し、受講者の次のキャリアを支援する。一方、Branding Engineerがキャリアサポートを行う利用者の中で、エンジニアのへ のキャリアチェンジや、新しい技術へ挑戦をしたいと考える人には「TECH::CAMP」への参加を通じて新しいキャリアをつかむキッカケを提供していく。

また、Branding Engineerは、本日(2016年9月1日)付けで新オフィスに移転したばかり。Pedia Newsは、シリーズAで1億円の資金調達を発表した取材で、9月にはオフィスを移転するという情報をいち早くキャッチしていた。

**参考記事**

* **四半期の売上は億超え!圧倒的な営業力と開発力で「HR × TECH」を攻めるBranding Engineer、シリーズAで総額1億円を資金調達…代表取締役CEO河端氏と代表取締役COO高原氏が初めて語る急成長の裏側**

そこで、今回、Pedia Newsでは、株式会社Branding Engineer代表取締役COOの高原克弥氏に、移転したばかりの新オフィスでインタビューを実施。Branding Engineerならではのこだわりが詰まったおしゃれな新オフィスで、今回の業務提携の経緯についてお伺いした。

ー 移転おめでとうございます。新オフィスの中を拝見させていただきましたが、とても広々として、本当におしゃれなオフィスですね。

壁をよく見ると、「Tech Stars(テクスタ)」「イッカツ」「MIDWORKS(ミッドワークス)」のサービス名が書かれているのですね。エンジニアのキャリア支援をする、Branding Engineerさんならではのこだわりが詰まっていますね。

**高原克弥氏(以下、高原氏)**:ありがとうございます。今、社員が17名でアルバイトなどを含めると約30名です。まだオフィススペースには余裕があって、スカスカで使っている状態です。**来年(2017年)に向けて、社員人数を急速に拡大したい**と思っています。

ー これからますます積極的に採用を進めていくということですね。

**高原氏**:そうですね。**毎月2〜3人ペースで採用を行っていきたい**と思っています。今、**僕らBranding Engineerには、ベンチャーならではのメリットが全部詰まっています**。ストックオプションもそうですし、新規事業にチャレンジできることや幹部候補としての役職、営業であれば売上に対しての営業インセンティブなど、**スタートアップの醍醐味を全て持ち合わせています**。僕らは**どろくさいことも大好き**です。**「ベンチャーに行きたい」「新しいことにチャレンジしたい」という方なら誰でも、Branding Engineerを楽しめる**と思います。

ー 前回取材した時に比べると、わずか2か月しか経っていませんが、オフィスも新しくなって、より一層勢いを増して、ネクスト・ステージ(次なる段階)へ進んでいることが伝わりますね。

今回、新たに「TECH::CAMP」を運営するdiv社と業務提携を発表なさいましたよね。どのような経緯で、div社と業務提携をするに至ったのでしょうか?

**高原氏**:僕らは、新卒・中途・独立支援・派遣という**エンジニアが関わるであろう全ての働き方を支援**しています。そのひとつでもある**「エンジニア未経験者でも即戦力になる」ことに関して、もっとエンジニアキャリア支援を強めていきたい**、と考えています。

エンジニアのキャリアには、未経験者から経験者まで幅広く、さらに能力も年齢も様々です。**今後も、僕らBranding Engineerは、全ステージのエンジニアのキャリア支援を進めていきたい**。**そのための第一歩として、今回「TECH::CAMP」を運営するdiv社と業務提携**することになりました。

実は、僕らも、**これまでにエンジニア未経験者の方にゼロからプログラミングを教えて、エンジニアとして転職までキャリア支援をしてきたという実績**があります。例えば、僕がプログラミングを教え込んでプログラミングができるようになった方を、エンジニアとしてそのまま転職支援をしたり、業務委託という形で仕事に慣れていただいてから転職支援をいただくといった形で、未経験者のキャリア支援を行っていました。**「未経験者を育て上げ、エンジニアとしてのキャリア支援する」**今回div社と提携することで、**会社として、これまで以上に、未経験者のエンジニアキャリア支援を強化**していきます。

最近、HRTech分野では数々のサービスが出ていますが、**僕らはあくまでも”エンジニア・求職者側に寄り添う”サービスを提供**しています。**これからも”エンジニアに寄り添う”サービスを充実させていきたい**と思っています。

ー 実際にこれから「TECH::CAMP」を卒業した方々のキャリア支援を進めていくとのことですが、「TECH::CAMP」卒業生にはどのようなイメージをお持ちですか?

高原氏:**「TECH::CAMP」の卒業生は、素晴らしい教育を受けていて、”非常によくできるエンジニア”**だと思っています。これからエンジニアキャリア支援を行わせていただく上で、**「TECH::CAMP」の卒業生は信頼できる最良のパートナー**だと感じています。

ー 「TECH::CAMP」卒業生は、具体的にどのようなプロセスでキャリア支援を受けられるのでしょうか?

**高原氏**:**本人の希望に合わせて、彼らの「収入の最大化」を目指し、キャリア支援**を行います。具体的には、**短期的・中期的・長期的なキャリアビジョンをヒアリング**した上で、僕らが最適な選択肢を模索し、**ベストなキャリアコンサルティング**を行います。

ー 最後に、Branding Engineerの今後について教えてください。

高原氏:**今はとにかく事業を伸ばそうというフェーズ**です。これまで作ってきた事業をより一層大きくしていきたいと思っています。もちろん中期的に新規事業も作っていきます。**現在、エンジニアと企業がどんどん結びついていっている最中**です。**年内にマッチング数を今の約10倍まで拡大したい**と考えています。

**特に「Tech Stars」をもっと盛り上げていきたい**と思います。**「Tech Stars」上で、エンジニアのキャリアチェンジが全て完結するようなプラットフォームを作りこんでいきます。**ぜひ、次なるステージに進化する「Tech Stars」を楽しみにしていただけたらと思います。

ー ありがとうございました。

「TECH::CAMP」を運営するdiv社との強力なパートナーシップを結び、あらゆるエンジニアのキャリア支援を加速させていく、Branding Engineer。彼らのエンジニアに対する熱い想いとこだわりが詰まった新オフィスで、「Tech Stars」を中心に、新たなエンジニアキャリアプラットフォームへと進化していく姿に期待したい。

株式会社Branding Engineer

株式会社div