あの累計1,900万ダウンロード超え『ねこあつめ』がまさかの実写映画化…伊藤淳史 x 蔵方政俊 x スター猫たちが共演

人気スマホアプリ『ねこあつめ』が、『ねこあつめの家』のタイトルで実写映画化され、2017年に公開される。俳優・伊藤淳史氏主演の実写映画で、原作・原案に『ねこあつめ』を開発したHit-Point、監督は、映画『世界の中心で愛をさけぶ』、『舞妓 Haaaan!!!』、『なくもんか』など数々の話題作で助監督を務めた蔵方政俊氏が担当。

人気スマホアプリ『ねこあつめ』が、『ねこあつめの家』のタイトルで実写映画化され、2017年に公開される。

795935684036964352

『ねこあつめ』は、2014年10月にリリースされたスマートフォン向けゲームアプリ。ゴハンとグッズを置いておき、庭先に集まってきたねこたちをただただ眺めて癒されるゲームだが、猫あるあるをふんだんに盛り込んだ内容でファンが急増。累計ダウンロード数は1,900万を超える。

映画の主人公はスランプ中の小説家、佐久本勝。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子の上がらない彼のもとに、1匹の猫がやってくるところから物語は始まる。

佐久本勝を演じるのは、『映画 ビリギャル』で、第39回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞、NHK 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の水田正平役や、ドラマ「電車男」の主人公役などシリアスからコメディまで幅広くこなす演技派・伊藤淳史氏。

監督は、映画『世界の中心で愛をさけぶ』『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』など数々の話題作で助監督を務め、長編監督デビュー作『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』で笑いあり涙ありの心温まるエンターテイメントを作り上げた蔵方政俊氏が担当する。

また、映画にはベテランから新人までたくさんの猫スター達が登場。猫好きの心をつかむ猫のしぐさや表情が盛りだくさんで、猫好きにはたまらない、胸キュン必至のまさに猫まみれな作品だという。