【atte FeSセミナーレポート前編】モノのC2C「メルカリ」とサービスのC2C「ソウゾウ」、共通ID化で新しいプラットフォームを創造…ソウゾウ代表の松本氏がソウゾウの創り方を紹介

メルカリのグループ会社であるソウゾウは、地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」のリリースを記念して、アッテリリースまでの裏側を語る「atte FeS」を先日完成したばかりのオフィス新イベントスペースで開催。本稿では、1週目の開催となる「ソウゾウの組織・デザイン・企画編」について紹介する。今回はその前編で第一部の模様をお伝えしよう。

attefes04

メルカリのグループ会社であるソウゾウは、地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」のリリースを記念して、4月11日・4月18日の2週連続月曜日にアッテリリースまでの裏側を語る「atte FeS」を先日完成したばかりのオフィス新イベントスペースで開催。

ソウゾウは、2015年9月、メルカリのグループ会社として、「Building next ordinary(ありそうでなかったをソウゾウする)」をミッションに設立された会社。3月17日より、地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」を提供している。

イベントは、以下のような構成であった。本稿では、1週目の開催となる4月11日(月)の「ソウゾウの組織・デザイン・企画編」について紹介する。本サイト「Pedia News」では、イベントの模様を前編・中編・後編に分けてお伝えしたい。今回はその前編で第一部の模様をお伝えしよう。

* 第一部 ソウゾウの創り方
* 第二部 ソウゾウだからこそできた「メルカリ アッテ」
* 第三部 アッテ デザインの舞台裏

### アッテのお祭り「atte FeS」
イベント開始直後、早速株式会社ソウゾウの代表取締役社長で株式会社メルカリの執行役員である松本龍祐氏が乾杯の挨拶をした。

attefes03

冒頭、松本氏は、今回のイベント「atte FeS」について、

今回、新しく「メルカリ アッテ」というサービスを出しました。ご協力いただいた皆さんへの感謝の気持ち、そして、これからよろしくお願いします、という気持ちを込めた。

と述べ、お祭りのようなイベントにしたいと考え、「atte FeS」という名前にしたと語った。

### 松本氏が語る「ソウゾウの創り方」
第一部では、「ソウゾウの創り方」と題して、松本氏が登壇。松本氏は、2006年に株式会社コミュニティーファクトリーを設立し、2012年にヤフー株式会社に売却。2015年5月にメルカリに執行役員として入社し、新規事業を担当。2015年9月に、メルカリの中でも新規事業を創造するためにソウゾウを設立し、代表取締役に就任。

### 「ゼロ→イチやれるプロデューサーが必要」

松本氏は、「ソウゾウのキッカケ」でもあるメルカリへの参画について、

メルカリは、10年に1度レベルの会社だと思った。初めてメルカリのKPIを聞い時に驚き、さらに、本気で米国展開に取り組むクレイジーさに惹かれた。もし自分が起業したらこの人と働きたいと思うような人が、どんどんメルカリに入っていくのをみていた。このチームに自分が入ったら、どれだけおもしろいことができるのだろうと考え、自分1人でやるよりも、もっと大きいことができて楽しいだろうと感じた。また、山田からの口説き文句で「ゼロ→イチやれるプロデューサーが必要」と言われ、とにかく新しいものをつくっていってほしいから、プロデューサーとして入ってほしい、と話されたことも大きかった。自分自身がメルカリに入った時に、具体的に活躍できるイメージが湧いたことがキッカケで、メルカリに入社することを決めた。

と述べ、メルカリの代表取締役社長である山田進太郎氏から新しいサービスをつくってほしいと提案されたことがキッカケとなったことを明かした。なお、現在、メルカリは、ソウゾウを除き、プロダクト担当者の90%が米国版「メルカリ」の開発に取り組んでいる。

### 新規事業はインターン生とともに約1カ月で構想
その後、松本氏は、2015年5月にメルカリに参画し、2015年7月末からインターン生とともに新規事業の検討をはじめた。当初、メルカリの新規事業という点をいかし、「メルカリ」がモノのC2Cであることから、サービスのC2Cで人と人を繋げるものをつくりたいということを考えていた、という。その中で、特化型C2Cとクラシファイドサービスの両軸で調査を進め、事業を検討したとのこと。

松本氏は、7月末から8月末までの約1カ月間の間、調査を進めていく中で、特化型C2Cサービスについて、

HomejoyやTaskRabbitなどを調べていたが、偶然にもその間にHomeJoyがサービスを終了するなど大きく伸びているものがなかった。また、特化型C2Cサービスの多くが、クラウドソーシングのようなサービスで、人が複雑に介入する点でメルカリらしくないと感じた。もっとインターネットに任せたサービスをつくりたいと思った。

と考える中、一方、クラシファイドサービスについては、

クレイグズリスト、中国の58.comなどを調べてみると、かなり売上が大きく数百億円の規模であることがわかった。そこで、上場企業をベースに、MAU(1カ月あたりのアクティブユーザー数)や売上などを調べて収益性を比較した。同時に、メルカリのコーポレートチームと連携しながら、各国のサービスのC2Cについて法規制があるかなどを調べた。

という。海外の動向をふまえてクラシファイドサービスが事業として成り立つことを確信し、日本だけでなく、海外でも展開することを決めていたという。

また、松本氏は、事業検討するにあたって、UIについて、調査と同時並行で約1カ月半、

* タイムライン
* 「メルカリ」や「Twitter」、「Facebook」など多くのユーザーが普段使うサービスがタイムラインを重視
* 位置情報
* スマートフォンアプリならではのGPSをつかった位置情報
* 即時性
* スマートフォンだからこそ即時性をいかすこと

をテーマに、プロトタイピングツールをつかいながら検討していたことも明かした。

### 新しいサービスは新しい会社でソウゾウ

attefes01

続けて、松本氏は、「なぜソウゾウを作ったか」について、

聖書のことばの中に、「新しいぶどう酒は新しい革袋に」というものがあり、新しいサービスをつくるなら新しい箱をつくったほうがいいと漠然と思っていた。その点は、山田ともぴったり合って、深いディスカッションをせず、新しい会社をつくった。

という。また、新規事業を開始するにおいて新会社を作ったほうが良い理由として

小さなチームでスタートさせることでコミュニケーションの密度が上がることや、既存のチームと疎結合にすることで事業に集中できること。今までの技術基盤ややり方を一旦リセットし、様々な点でチャレンジしやすくなる。採用面でもメリットが大きい。

と語った。

### メルカリとソウゾウの共通ID化で新世界を創造

最後に、松本氏は、「ソウゾウのこれから」について、

「メルカリ」は、モノのC2C。「アッテ」は、ヒトとコトのC2Cで、ヒトとヒト、ヒトができるコト、サービスをつなぐサービスのC2C。

と述べ、「メルカリ」がモノのC2Cで、「アッテ」がサービスのC2Cであることを強調し、

「アッテ」の会員登録は、メルカリIDを使っている。次のアップデートがかかると、「アッテ」の中でやり取りをしたあとに評価ができるようになる。この評価は、「アッテ」内だけではなく、「メルカリ」でそのユーザーがどのように評価されているのかを「アッテ」でもみれる。これにより、ユーザーと評価が紐づくようになる。今後は、「メルカリ」のポイントと「アッテ」を共通化させたり、メルカリを中心とした共通IDをつかったプラットフォームをつくっていく。

と説明し、「メルカリ」と連携を強め、共通IDと評価経済をベースとした新しいプラットフォームを構築していくことを明かした。

また、今後の新規事業について、松本氏は、

例えば、「メルカリ」や「アッテ」の特定のカテゴリをもっと使いやすくできるようなサービスを増やしたり、近しいけど違うようなサービスを増やす。

と述べ、ソウゾウの新たなサービスの創造によるさらなる事業展開を進めていると語った。

「メルカリ アッテ」App Store

メルカリ・ソウゾウの採用情報はこちら