【atte FeSセミナーレポート中編】「クラシファイド文化を根付かせたい」…ソウゾウのプロデューサー田辺氏が「メルカリアッテ」のつくり方を紹介

メルカリのグループ会社であるソウゾウは、地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」のリリースを記念して、2週連続月曜日にアッテリリースまでの裏側を語る「atte FeS」を先日完成したばかりのオフィス新イベントスペースで開催。本稿では、1週目の開催となる「ソウゾウの組織・デザイン・企画編」について紹介する。今回はその中編で第二部の模様をお伝えしよう。

attefes10

メルカリのグループ会社であるソウゾウは、地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」のリリースを記念して、4月11日・4月18日の2週連続月曜日にアッテリリースまでの裏側を語る「atte FeS」を先日完成したばかりのオフィス新イベントスペースで開催。

ソウゾウは、2015年9月、メルカリのグループ会社として、「Building next ordinary(ありそうでなかったをソウゾウする)」をミッションに設立された会社。3月17日より、地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」を提供している。

イベントは、以下のような構成であった。本稿では、1週目の開催となる4月11日(月)の「ソウゾウの組織・デザイン・企画編」について紹介する。本サイト「Pedia News」では、イベントの模様を前編・中編・後編に分けてお伝えしたい。今回はその中編で第二部の模様をお伝えしよう。

* 第一部 ソウゾウの創り方
* 第二部 ソウゾウだからこそできた「メルカリ アッテ」
* 第三部 アッテ デザインの舞台裏

### ソウゾウで蘇る、メルカリ創業時のあの感覚
第二部では、「ソウゾウだからできた「メルカリ アッテ」」と題して、株式会社ソウゾウのプロデューサー田辺めぐみ氏が登壇。田辺氏は、株式会社ディー・エヌ・エーでソーシャルゲーム「農園ホッコリーナ」のプロデューサーを担当し、2015年2月に株式会社メルカリに参画。その後、株式会社ソウゾウの設立からプロデューサーをつとめる。現在、ソウゾウで、主にディレクションとプランニング業務を行う。なお、3月末時点で、ソウゾウは15名のチーム。

田辺氏は、「コンセプトからアプリ仕様へ」について、どのようにプロデューサーとディレクターの間でコンセプトや仕様を共有してきたのかを説明した。

田辺氏は、ソウゾウの代表取締役社長である松本龍祐氏から、新規事業のコンセプトを聞いた際に、

説明を聞いて、意味はわかるが、感覚的にはピンとこなかった。

と述べ、当初から理解していたわけではなかったことを明かした一方で、株式会社メルカリの代表取締役社長である山田進太郎氏が立ち上げ時に語った「メルカリ」に抱いた感覚と似ていた、と語った。

そのうえで、田辺氏は、ソウゾウへ参画することを決めた理由について、

メルカリに1年前にジョインを決めたのは、なぜメルカリが成功したのか、その答えを知りたいと思ったから。当時、自分はフリマはそんなに流行らないと思っていたが、進太郎さんには見えていて、自分には見えていなかったものがあったのだと思う。それは一体何だったのか、その答え合わせをしたくてメルカリに入った。

とメルカリに参加を決めた理由を説明し、

「アッテ」を通じて、メルカリがどのように成功していったのか、その答え合わせをしていきたいと思った。開発していく中で、いまでは「アッテ」は成功できる、と確信している。

と述べ、「メルカリ」が住所の知らない誰かとモノの取引ができたように、「メルカリ アッテ」では知らない人ともサービスの取引ができるようになることを確信しており、ソウゾウだからこそ従来の固定概念を変えることができると熱意を語った。

### 「チャット感大事」
また、田辺氏は、「アプリ開発のフローと体制」について、プロデューサーとの軸をあわせていくことが重要であると強調し、

「アッテ」は、自分の位置情報をもとに情報がみれるということが重要。これは、今までにないサービスなので、それをわかってもらうことが大切だった。

と述べ、

全体のコンセプトが明確になると、細かいところが明確になる。そうすると、整合性が合っていく。パズルのパーツが「ぱちっと」おさまる。

とコンセプトが決まっていく過程を説明した。同氏によれば、「メルカリ アッテ」のニーズは誰にでもあるニーズで最終的に数千万人の利用者を想定していることから、ペルソナは設定しておらず、サービスのユーザービリティーの基準として「メルカリ」の一般的なユーザーを想定している、とのこと。

続けて、田辺氏は、ソウゾウにおける具体的なプロジェクトの進め方について、

前提条件として、ソウゾウは、優秀なメンバーばかりでドリームチーム。みんながプロフェッショナルでポジティブでマルチスキルをもっている。そのため、自分がリードするのではなく、みんなが働きやすいように、レバレッジを効かせやすいように、フィールドをつくりたいと思っている。

と語り、それぞれのメンバーが、垣根なく、全員でプロジェクトを進めていることを明かした。

田辺氏は、「メルカリ アッテ」のリリースまでの過程について、

* 2015年12月 初回サブミット
* 2016年2月 招待性リリース
* 2016年3月 正式リリース

というスケジュールで、「チャット感大事」ということばをキーワードに開発を進めてきたと述べた。

### クラシファイド文化を根付かせたい
「メルカリ アッテ」の今後について、田辺氏は、クラシファイド文化を根付かせることが重要と考えていることを明かし、

「アッテ」では、だれもがアプリ内で募集できたり、気軽に助け合いができたり、仲間ができたり、そういうことが大事だと思う。今までにないことだから、ハードルがすごく高いが、ソウゾウならきっとできると思っている。今後、「アッテ」では、あんしん安全の強化、評価、動画など、「メルカリ」IDを中心に開発していきたい。

と説明し、

2年後には、誰もがアプリ内で気軽に募集ができて地域の助け合いコミュニティや仲間ができることがあたりまえに、そんなハッピーな社会にしたい。

と述べ、メルカリと連携をしながら、ソウゾウでクラシファイド文化をひろめていく意気込みを語った。

「メルカリ アッテ」App Store

メルカリ・ソウゾウの採用情報はこちら