【2016年】国内で開発されたサービスロボットの調査結果まとめ

アスラテック株式会社は、国内のサービスロボットの開発動向に関する調査結果を発表。今回の調査は、2014年1月から2016年10月までに国内で発表されたサービスロボットに対し、その完成時期やジャンルなどを追跡調査したもの。

アスラテック株式会社は、11月10日、国内のサービスロボットの開発動向に関する調査結果を発表。今回の調査は、2014年1月から2016年10月までに国内で発表されたサービスロボットに対し、その完成時期やジャンルなどを追跡調査したもの。

まず、国内で開発された私いサービスロボットをみると、2014年は67機種、2015年は82機種、2016年10月末時点で91機種になった。11月〜12月も同様のペースで推移した場合、2016年末には約109機種に届く見通しだ。

2016年に開発されたサービスロボットをジャンル別に分けると、サービスロボットのジャンル別の割合では、「見守り・コミュニケーション」が最も多く、全体の約15.4%に及ぶ。

ジャンル別の新規開発サービスロボットの機種数について、2014年以降の年間推移を見ると、目立った伸びを示したのが「見守り・コミュニケーション」ロボットとなった。

2014年に2機種、2015年に9機種だった新規開発数は、2016年ではおよそ17機種が見込まれている。これは前年比で約187%、2年前との比率は約840%となっている。