【17年2Q決算】カカクコム、上期の売上高が13.7%増の218億円…「食べログ」利用者数は7,500万人超え

カカクコムは、本日(11月2日)、2017年3月期第2四半期(2016年4月〜9月)の決算を発表し、売上高218億4,300万円(前年同四半期比13.7%増)、営業利益100億3,300万円(同15.7%増)、経常利益100億2,300万円(同15.0%増)、最終利益70億2,400万円(同19.7%増)となった。

カカクコムは、本日(11月2日)、2017年3月期第2四半期(2016年4月〜9月)の決算を発表し、売上高218億4,300万円(前年同四半期比13.7%増)、営業利益100億3,300万円(同15.7%増)、経常利益100億2,300万円(同15.0%増)、最終利益70億2,400万円(同19.7%増)となった。

カカクコムには、創業当時よりサービスを提供する購買支援サイト『価格.com』をはじめ、ランキングとクチコミのグルメサイト『食ベログ』など、現在15以上のサービスがある。

第2四半期では、『価格.com』においてユーザビリティの改善及びコンテンツの拡充、『食べログ』においてオンライン予約事業を中心とするユーザーインターフェースの改善と飲食店向け集客サービスのリニューアルをし、有料プランの販売を強化してきた。また、新興メディアでは『タイムデザイン』におけるダイナミックパッケージ予約システムの強化を進めた。

なお、カカクコムの主要サイトの利用者の推移は以下のグラフを見てもらいたい。

2017年3月期通期(2016年4月〜2017年3月)の業績予想は、売上高220億円(前期比14.5%増)、営業利益100億円(同15.3%増)、経常利益100億円(同14.8%増)、最終利益69億円(同17.6%)の見込み。