【17年1Q決算】はてな、売上高12.4%増 営業利益23.8%減で着地

はてなは、11月30日、2017年7月期第1四半期(2016年8月〜10月)の決算を発表し、売上高4億6,700万円(前年同四半期比12.4%増)、営業利益9,600万円(同23.8%減)、経常利益9,600万円(同22.2%減)、最終利益5,900万円(同25.3%減)だった。

はてなは、11月30日、2017年7月期第1四半期(2016年8月〜10月)の決算を発表し、売上高4億6,700万円(前年同四半期比12.4%増)、営業利益9,600万円(同23.8%減)、経常利益9,600万円(同22.2%減)、最終利益5,900万円(同25.3%減)だった。

はてなでは、コンテンツマーケティングサービス、コンテンツプラットフォームサービス、テクノロジーソリューションサービスに注力してきた。

コンテンツマーケティングサービスでは、ネイティブ広告の売上が増加し、コンテンツプラットフォームサービスでは、アフィリエイト広告売上や課金売上が堅調した。一方、テクノロジーソリューションサービスでは、受託サービスについて前事業年度に受注した開発案件の納品検収が完了し、受託売上が堅調に推移するとともに、既存取引先への運営サービスも着実に進めてきたという。また、サーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」の新規取引先獲得が堅調に推移し、更なる成長に向けて事業基盤を
整備しつつある。

なお、2017年7月期の通期業績予想は、売上高18億6,600万円(前期比19.7%増)、営業利益2億5,300万円(同0.1%増)、経常利益2億5,200万円(同7.4%増)、最終利益1億5,000万円(同4.4%増)の見込み。